図書館プログラムがオンラインに移行する中、図書館員の予約(Book-a-Librarian)は一対一のまま

Sno-Isle図書館はソーシャルディスタンシング(対人距離の確保)方針に従い、図書館員の予約プログラムに手直しを加えました。

新型コロナウイルスの感染拡大の予防対策の一環としてコミュニティ図書館の閉鎖が続く中、デジタル資料へのアクセスをどのように皆様に提供できるかを常に工夫しています。

Sno-Isle図書館は、今まで8年にわたり図書館員の予約プログラム”Book-a-Librarian”を提供してきました。このプログラムは、Sno-Isle図書館ご利用の皆様からの独自の質問に答えることを意図しています。幅広い分野で手助けを必要とする方々に、図書館員が一対一で対応します。

テクニカルな質問には、個人用eメールアカウントの作成、インターネットでの検索、Sno-Isle図書館の蔵書目録の閲覧、電子書籍とオーディオブックのダウンロード、Sno-Isle図書館の電子データベースと資料の使い方、その他基本的なパソコン操作などが含まれます。

その他には、個人の研究プロジェクトの補助、読者の好みや興味に合った書物や作家を探すお手伝いが含まれます。

オンライン型の”Book-a-Librarian”では、利用者の皆様の家系図調査や小企業の事業計画の手助けも予定しています。

現在、直接対面式の”Book-a-Librarian”の再開の予定はありません。

「市民の皆様と図書館職員に安全な環境を作り出すため、当面は安全なソーシャルディスタンシングを保つ必要があります。そうすれば引き続き利用者にサービスを提供できますし、電話や画面共有機能を持つZoomなどのビデオ通話を使い、バーチャルで図書館員の予約プログラムを行うつもりです。」とレイクウッド-スモーキーポイント図書館長ケイリー・コステロ(Kaley Costello)は語ります。

新たに図書館員の予約プログラムを申し込む場合、利用者の質問の内容及び希望する図書館を伺い、eメールアドレスや電話番号を確認したうえでプログラムの予約を進めます。

希望する図書館にご質問に関する分野の専門のスタッフがいない場合は、他のコミュニティ図書館から特定の分野に精通する図書館員をお探しします。

「現在、地域社会の様子は少し違っていますが、皆様の安全とのバランスをとりながら最高のサービスを提供する方法を見つけられたことを非常に嬉しく思います。」とコステロは語りました。

We welcome your respectful and on-topic comments and questions in this limited public forum. To find out more, please see Appropriate Use When Posting Content. Community-contributed content represents the views of the user, not those of Sno-Isle Libraries