Sno-Isle図書館は、ストーリータイム、ブッククラブ、また雑学クイズ大会をオンラインに移行

現在、図書館でのプログラムには直接出席できないかわりに、Sno-Isle図書館からプログラムをデジタル形式で利用者の皆様へお届けすることにしました。

新しいデジタル形式のプログラムは、4月10日金曜日から始まります。最初はバーチャルブッククラブのグループ、Ready Readersのためのストーリータイム、そして雑学クイズ大会を予定しています。

Sno-Isle図書館の公共サービス部門を監督するデイヴィッド・ドゥランテ(David Durante)によると、これは新型コロナウイルス対策によりコミュニティ図書館が閉鎖中、できるだけクリエイティブな方法で、多くの利用者の皆様にSno-Isle図書館のサービスをお届けしようとする努力の一環です。Sno-Isle図書館では、将来さらに多くのプログラムをデジタル形式で提供する予定です。

グラニットフォールズ図書館の館長ミシェル・キャラハン(Michelle Callihan)によると、Sno-Isle図書館のスタッフは、幾つかのチームに分かれてプログラムのオンライン化と立ち上げに取り組んでいます。彼女自身もチームをサポートしています。

「チームは開発計画と実施要項作成のために、一生懸命働いています。現在起動チームが作業を進めており、プログラム開始前の最終段階にあります。」と彼女は説明しました。

幼い子供を持つ多くの家庭にとって、ストーリータイムは大切な日常の一部であり、友達や家族と物語や歌、そしてナーサリーライムを分かち合う大切な機会となっています、とマウントレイクテラス図書館の館長で、ストーリータイムチームのまとめ役を担うクリスティン・ピエフォ(Kristin Piepho)は述べています。今は対面で行うことはできませんが、Sno-Isle図書館は利用者とオンラインでつながることができるはずです。

「オンラインチームは、様々なプラットフォームを使ってストーリータイムのライブ配信を行う方法を検討し、スタッフ自身が録画した短いビデオクリップを組み合わせて、ソーシャルメディアでシェアできる短いストーリータイム動画を作成しています。」とピエフォは語りました。

「インターネットがない家庭も配慮し、チームは電話を使ったストーリータイムのオプションも開発しています。」と彼女は説明しています。

「たとえ距離があっても、お互いの繋がりを断つ必要はありません。物語を分かち合うことは、子供たちが生涯にわたり読書を愛するように励ます最善の方法です。違う建物の中にいるからと言って、読書への愛を共有できないわけがありません。」

Sno-Isle図書館はブッククラブをオンラインに移行させるため、電子書籍パートナーのOverdriveと協力しています。「新たなOverdriveブッククラブルームでは、オンラインブッククラブの主催に興味を持つ利用者やスタッフ向けに、蔵書の選定やオンラインプラットフォームに関する技術面でのサポート等を提供しています。」とキャラハンは説明しました。

「Sno-Isle図書館はブッククラブを現実世界からオンライン上に移行させることにワクワクしています。皆さんが家で安全に暮らしながら、ブッククラブに参加していただけるための技術と素材が揃いました。」とSno-Isle図書館のテクニカルサービスと蔵書サービスの副ディレクターを務めるジェシカ・ラッセル(Jessica Russell)は語ります。

オンラインブッククラブのイベント情報はwww.sno-isle.orgで常時更新されています。

「図書館利用者も家族や友達と、独自のブッククラブを始めることができます。」とラッセルは説明しています。

「電子書籍の蔵書はいつでも利用可能ですから、ブッククラブの全員に十分な本がありますし、Sno-Isle図書館の専門家が選定したブッククラブ用の書籍を選ぶこともできます。」とラッセルは語りました。

「オンライン上の雑学クイズ大会は、ソーシャルディスタンシング中でも、コミュニティに繋がりをもたらす楽しく魅力的なプログラムになるでしょう。」とキャラハンは説明します。クイズ大会出席者は、イベント登録後に送られるZoomリンクから大会に参加できるようになっています。

「スタッフ間でホストを交代しながら、毎週プログラムを提供する計画です。」とキャラハンは言います。

毎週指定された日時に大人向けのクイズ大会を一つ、また子供と家族向けクイズ大会を一つづつ開催する予定です。Sno-Isle図書館のスタッフがクイズ大会のテーマを選び、内容に沿った質問を数多く用意します。

サウスウッドビー島の図書館員で大人向けのサービスを担当するカトリーナ・モールス(Katrina Morse)によると、大人向けに毎週開催予定のオンライン雑学クイズ大会の第一回目は、4月10日金曜日午後7時から始まり、テーマは「Spring is in the Air:春の予感」です。子供と家族向けに週一回開催するクイズ大会も準備中ですが、日時はまだ決まっていません。

オンラインの雑学クイズ大会には一人でもチームでも参加できますが、チーム内のコミュニケーションは各自で取り合ってください。参加者は〇/Xクイズ、選択問題、また穴埋め問題にオンラインで回答します。モールスによると「写真や音楽クリップを使う問題があるかもしれません。」とのことです。

最後に優勝チームを発表しますが、賞品はありません。

「“Spring is in the Air:春の予感”は、成長、リニューアル、そしてコミュニティの絆を祝うものです。お気に入りの飲み物を用意し、友達に連絡して、心地良い家でくつろぎながら雑学クイズ大会の夜をお楽しみください。」とモールスは述べました。

We welcome your respectful and on-topic comments and questions in this limited public forum. To find out more, please see Appropriate Use When Posting Content. Community-contributed content represents the views of the user, not those of Sno-Isle Libraries