Marinerコミュニティキャンパスのビジョンと背景

English Español | 中文 | 日本語 | Pусский | Tiếng Việt | 한국어Tagalog | Samoa | العربية | Français | ພາສາລາວ | ไทย | ភាសាខ្មែរ 

ビジョン Mariner Community Map

Mariner地域の住民の皆様に基本的なニーズと資源を提供するために、利用しやすいMarinerコミュニティキャンパスを作ること。このキャンパスは、以下を目的とした恒久的な官民パートナーシップに基づいています: 

  • 安全でアクセスしやすいコミュニティキャンパスを構築する 
  • すべての住民に基本的なニーズを満たす地域福祉を提供する 
  • 健全な家族とコミュニティを強化する、統合された質の高いサービスとアメニティを通じてMariner地域を支援する 

このプロジェクトの指針には、資源とテクノロジーへの自由かつ平等なアクセス、コミュニティにおける機会、コミュニティとのつながり、社会的公正が含まれます。 

Marinerコミュニティキャンパスの2020年概況報告書および2018年概況報告書では、このプロジェクトの発展に関する詳細情報を提供しています。 

背景 

Sno-Isle図書館は、十分なサービスを受けられないことを認識し、2017年2月に実証プロジェクトとしてMariner図書館を道路に面した店舗内に開設しました。開館以来、80,000人以上が地域図書館に訪問しています。 

州の上院議員であるMukilteo区域のMarko Liias氏は、地域住民が直面しているサービスへのアクセスに関する問題に精通しており、地域社会の反応を見て、さらなる機会を見出しました。 

2017年には、スノホミッシュ郡のUnited Way、スノホミッシュ郡理事のDave Somers氏、Sno-Isle図書館の間で恒久的なMarinerコミュニティキャンパスの構想について話し合いが行われました。これらの協議とLiias上院議員の議会での活動を通して、州の2018年の資本予算には、Marinerコミュニティキャンパスの構想に着手するための32万2,000ドルの予算配分が含まれました。 

 

We welcome your respectful and on-topic comments and questions in this limited public forum. To find out more, please see Appropriate Use When Posting Content. Community-contributed content represents the views of the user, not those of Sno-Isle Libraries